株式会社大瀧商店

和歌山にて産業廃棄物やプラスチックの処理など環境配慮に特化したサービス

お問い合わせはこちら

コンセプト

脱炭素を目指した資源化がウリです

CONCEPT

環境省も推進する脱炭素社会を実現するためには、製造や建築の際に発生した産業廃棄物を処理する際に、再資源化を推し進めることが重要なポイントとなります。プラスチック類や塩化ビニールなど様々な廃棄物の処理に対応してきた知見で、リサイクル率を高めることで地球環境に優しい処理活動を行っています。和歌山で環境配慮型の事業者をお探しであれば、ぜひお問い合わせください。


今後の地域環境に配慮した処理を実施

今まで事業活動の中で発生した産業廃棄物を埋め立てなどで対応していた事業者様に、各廃棄物に合わせた最適な処理方法を提案しています。プラスチック類や塩化ビニールなどの再資源化を行っていますが、資源化できないものは適切な保管が必要となります。廃油や動植物残渣など、事業者様が対応に困っているリサイクル不可の廃棄物がありましたら、お気軽にご相談ください。

原料にできないものは資材に加工を実施

マテリアルリサイクルと呼ばれる手法は、廃プラスチックを分類し、原料化していくことを指します。それに対して、マテリアルリサイクルできないものは、自社の施設でエコマイト(フォーミング抑制剤)に加工して、製鋼所に納品しています。この処理を施していくことで、産業廃棄物を徹底的に分別して対応していくことで、リサイクル率を向上させ、廃棄コストの削減に繋げています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。